キャンドルナイトライブ

開催日時

2018年6月23日(土)18:30〜20:00(18:00 open)

場 所

極楽寺本堂(新潟県小千谷市平成2ー5ー7)
※当日、極楽寺境内には駐車スペースはございません。
小千谷小学校駐車場をご利用ください。
⇒Google Map

チケット

*応募多数のため、チケット予約を締め切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

【出演アーティスト】 ハナレグミ with U-zhaan

ハナレグミ

ハナレグミ 極楽パンチ

ハナレグミ・プロフィール
永積 崇(1974年11月27日、東京生まれ)。

高校2年の頃よりアコースティック・ギターで弾き語りをはじめる。
1997年、SUPER BUTTER DOG でメジャー・デビュー。
2002年夏よりバンドと併行して、ハナレグミ名義でソロ活動をスタート。同年10月、1stシングル『家族の風景』、11月には1stアルバム『音タイム』をリリース。 ギター片手に単身、全国のライヴ・ハウスを廻る。
2004年、2ndアルバム『日々のあわ』をリリース。全国ツアーはNHKホールを含む全公演がソールドアウト。
2005年、完全自宅録音による3rdアルバム『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』をリリース。夏にはSUPER BUTTER DOGの代表曲をタイトルにした竹中直人氏監督映画「サヨナラCOLOR」が公開となり、エンディング・テーマとして忌野清志郎氏とのデュエットも披露している他、サントラも担当する。 同年9月、初のベスト・アルバムをリリース。その10日後の9月24日に東京・小金井公園にてワンマン・フリー・ライヴ『hana-uta fes.』を開催。台風の影響による大雨から一時は開催自体が危ぶまれたものの、なんと2万人もの観衆が会場に集結。予想以上の大成功を納めた。
2009年、シングル「光と影」・アルバム『あいのわ』をリリース。4年半ぶりとなる全国ツアーでは12公演を遂行し、ファイナルの日本武道館では約1万人の観客を圧倒するステージを披露した。
2010年3月「TOUR あいのわ「タカシにはその器はないんじゃないかしら…」と母は言ったのであった。@日本武道館」をリリース。10月には全国Zeppツアーを遂行。
2011年は、FUJI ROCK FESTIVAL’11/GREEN STAGEをはじめ、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2011 in EZOへは大トリとして出演、ARABAKI ROCK FEST.11では初日のトリとして多彩なゲストを迎えセッションを披露するなど各地の観衆を魅了した。9月に5thアルバム「オアシス」をリリース。
2012年1月からは全国ツアー「TOUR オアシス」を開催。また、サントリー「角ハイボール」のCMソングとして、ハナレグミによる「ウイスキーが、お好きでしょ」がオンエアされた。
2013年5月には、時代を越えて歌い継がれる12の名曲を、多彩なゲストミュージシャンを迎えてレコーディングしたハナレグミにとって初となる待望のカバーアルバム『だれそかれそ』をリリース。
2014年1月には、茂木欣一(スカパラ/FISHMANS)、加藤隆志(スカパラ/LOSALIOS)、柏原譲(FISHMANS/Polaris/OTOUTA)の3人によるバンドSo many tearsと各地180分を超える熱演を繰り広げた伝説のツアーのライブ盤、ハナレグミ・So many tears『どこまでいくの実況録音145分』をリリース。
2015年8月19日に、4年ぶり6枚目となる待望の新作、アルバム「What are you looking for」をリリース。自身の楽曲に加えて、野田洋次郎(RADWIMPS)、YO-KING(真心ブラザーズ)による楽曲や、池田貴史(レキシ)、大宮エリー、辻村豪文(キセル)、堀込泰行(exキリンジ)との共作楽曲、ライブではお馴染みの曲であり、ファンにとって待望の商品化となるASAのオリジナル楽曲に永積が日本語詞を書き下ろした「360°」を含む全13曲が収録されている。9月からは、ハナレグミ 弾き語りツアー「弾きが旅ばっ旅」を開催。盛況のうちに幕を閉じた。
2016年1月20日から、「ハナレグミ Tour What are you looking for」が9箇所10公演で開催され、大盛況にて終了した。また、5月21日にロードショーとなる是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』の主題歌に新曲「深呼吸」が決定し、5月25日(水)に発売された。また、主題歌以外にも本編の音楽も担当している。
2017年3月3日から自身初のライブハウスツアー「名前のないツアー」が17箇所18公演開催され、大盛況にて終了。また、2016年に所属事務所の10周年を記念し開催された「Laughin’10周年突入記念イベント La族がまたやって来た、ジュー!ジュー!ジュー!」。の公演が収録されたBlu-ray&DVDが4月26日に発売。また、2年ぶり7枚目となるオリジナルアルバム「SHINJITERU」を10月25日(水)に発売。ライブハウスツアー「名前のないツアー」にてサプライズ演奏された「ブルーベリーガム」「秘密のランデブー」「太陽の月」や、昨年公開された是枝裕和監督映画「海よりもまだ深く」主題歌「深呼吸」もアルバム初収録となり、全11曲収録。合わせてEMI時代の旧譜3作品、1st AL「音タイム」、2nd AL「日々のあわ」、3rd AL「帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ」がナイスプライスにて再発売。さらに、2016年09月に 配信限定でリリースされた、ライブ盤が待望の初CD化となった。11月7日(火)からは、金沢Eight Hallを皮切りに12月の国際フォーラム ホールAまで全国計8カ所のツアー「SHINJITERU」が開催され、大盛況にて終了した。
2018年は6月8日(金)宇都宮公演を皮切りに全国14都市・全14公演に亘るワンマンライブツアー「ハナレグミ 2018 ツアー ど真ん中」を行う事が決定している。

その深く温かい声と抜群の歌唱力を持って多くのファンから熱い支持を得ている。

<主な楽曲提供>
太田裕美「きみはぼくのともだち」※作曲
小泉今日子「きのみ」※作詞・作曲
児玉奈央「spark」※作曲、児玉奈央さんと歌詞を共作
Bird「よみがえれ」※作曲
原田郁子「トゥインクル」※作曲、「あいのこども」※作曲、「やわらかくてきもちいい風」※原田郁子さんと曲を共作
ハナレグミ と うんだらか楽団「うんだらか うだすぽん」※NHK「みんなのうた」歌唱、作詞、作曲を担当
<主なCM>
サントリー角ハイボール「ウイスキーが、お好きでしょ」
グリコ みんなに笑顔を届けたい「ドレミの歌」 ※出演あり
アサヒビールくつろぎ仕込<4VG>「はじめてのチュウ」※ナレーションも担当
ハウスメイト「PEOPLE GET READY」
YEBISUエビス・ザ・ホップ 「第三の男」※出演あり
ニッカウヰスキー「夢で逢いましょう」

U-zhaan

 

 

 

 

 

 

U-zhaan(ユザーン)
オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。10年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等を自らのサイトから配信リリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』をリリースした。15年、Ryuichi Sakamoto + U-zhaanとして「Tibetan Dance / Asience」を7inchレコードで発表。16年には映画『マンガをはみ出した男 赤塚不二夫』の音楽をU-zhaan + Shuta Hasunumaで担当し、ボーカルにタモリをフィーチャリングした主題歌が話題となった。17年、蓮沼執太との共作アルバム『2 Tone』をリリース。
http://u-zhaan.com

空間演出

Hand made candle TAiMU

 

 

 

 

 

蝋燭作家 馬場一樹 により、新潟県を拠点とし 展開されている キャンドルブランド。
新潟の特色を取り入れたキャンドルを日々 新たな研究を繰り返しつつ製作している。また、キャンドルを使った空間演出・ワークショップ等も行っている。
見た目の美しさもさることながら、灯された炎の色まで計算して製作されたキャンドルは、多くの人の心を癒し続けている。
http://hmctaimu.jp/